雇用契約書の雇用期間前でもアルバイトを退職することができる?裁判を起こされたら?

雇用契約書の雇用期間前でもアルバイトを退職することができる?裁判を起こされたら?

スポンサードリンク



雇用契約書の雇用期間前でもアルバイトを退職することができる?

退職

雇用契約書に定められた雇用期間がある場合、アルバイトを退職できない?

アルバイトを始めた時に、雇用契約書に「6カ月や1年の雇用契約」と書かれている場合もあります。そのような場合は、他の仕事に転職したい場合でも、就活で正社員としての仕事が決まった場合でも、アルバイトを退職することはできないのでしょうか?

結論から申し上げると、雇用契約書に雇用期間が定められていて、署名捺印していても、いつでもアルバイトを退職することができます。雇用契約書に「退職する場合は30日前までに申し出ること」と書かれていますが、これもできる限り守れば良いだけの話で、30日前より遅くなっても、アルバイトを退職することは可能です。

そもそもアルバイトという雇われ方をしている限り、「絶対にこの期間までは退職することができない」など重責を負わされることはないのです。したがって、他の仕事に転職する場合でも、就活で正社員の仕事が決まった場合でも、今のアルバイトの優先する必要はなく、すぐに退職することが可能です。

ただし、倫理的な部分で気になる方や、できれば円満退職したいという場合は、上司や店長や正社員の方が納得するまで話し合って、できる限り要望に応える努力をして、退職すれば、悪い印象を残さずに去ることができるでしょう。


スポンサードリンク



雇用契約書の契約期間を律儀に守り内定を辞退するなんて馬鹿らしい?

アルバイトをされている方の中には、真面目な方も多いので、せっかく就職や転職活動で正社員としての内定がもらえたのに、アルバイトの契約期間が終わってないから、内定を辞退してしまう人もいるのです。

いくらなんでも、そんなもったいない選択は馬鹿だと思います。確かに、契約期間を守ることは人としては合っていることだと思いますが、たかがアルバイトのために正社員の内定を辞退するなんて、大馬鹿な行為だと思います。

もしかしたら、アルバイト先の店長や社員の方だって、正社員の内定を辞退するなんてもったいない!と言ってくれるでしょう。いくら雇用契約書にアルバイトの契約期間が定められていて、それを守らなければいけないと思っても、正社員としての内定が出ていたり、やむを得ず退職しなければいけない理由があるなら、アルバイト先に謝罪をすれば辞めさせてもらえるのです。

要するに、アルバイト契約で、退職したいと申し出ているのに、辞めさせてくれないことなどないのです。まぁアルバイト先の社員によっては、「今、辞められると次のアルバイトが見つからないから困る・・・」なんて引き止めてきたりしますが、退職するのはアルバイトの方の自由なのです。

いくらお世話になって、よくしてもらったアルバイト際でも、正社員の内定や、その先の自分の人生の方が、はるかに大切なのです。一生、アルバイトで生活していけるわけがないですからね。


スポンサードリンク



退職を強行したことで裁判になってもアルバイトが勝つ可能性が大

超がつくほど稀なことですが、例えば、正社員に負けないくらいのポジションで会社にとって重要なプロジェクトをアルバイトという雇用形態で担当されている方もいることでしょう。

そのアルバイトの方が、重要がプロジェクトを担当している途中で、前々から転職したかった会社から内定をもらい、退職を強行した場合、アルバイト先の会社から「プロジェクトに失敗してしまった責任をとってもらう!裁判を起こし損害賠償を請求してやる!」なんて言われることがあるかもしれません。

しかし、それはお門違いな話なので、相手にする必要はありません。会社も馬鹿ではないので、本当に裁判は起こしてきません。悔しいから、脅しのようなことを言っているだけです。なぜなら、このようなケースで会社がアルバイトの方を相手取って裁判を起こしても100%敗訴してしまうからです。

そもそもアルバイトという不利な労働条件で正社員と同じような責任の仕事をさせていることに問題があるのです。それなのに、そのアルバイトの方が正社員としての内定をもらい、退職したことを不服に思い、提訴するなんて、まったくお門違いも甚だしいのです。

もし、そのアルバイトの方が、どうしても必要なら正社員に登用し、正社員と同じ労働条件にしてあげるのが、会社として当たり前のことだからです。このような知識がないアルバイトの方が多いので、アルバイト先の会社から「退職したら裁判を起こして損賠賠償を請求するぞ!」なんて脅されて、せっかくの正社員の内定を辞退してしまう人もいるみたいですが、そんなことは絶対にしないでください。

どんなに怖い脅しを受けても、アルバイトの方の権利は法律で守られているので、何があっても内定は辞退しないで、強い意志を持ってアルバイトを退職しましょう。もちろん、できれば恨まれるようなことはしない方が良いので、争ったりはせずに、お世話になりました!という姿勢で退職するのが良いでしょう。そうすれば、アルバイト先の会社も諦めてくれるはずです。

スポンサードリンク





フォーマット 書き方 アルバイト 注意点 印鑑