雇用契約書の契約期間前にアルバイトを辞めたら告訴される?|辞める意志を伝えると嫌がらせされる?|会社都合で辞める方法

雇用契約書の契約期間前にアルバイトを辞めたら告訴される?|辞める意志を伝えると嫌がらせされる?|会社都合で辞める方法

スポンサードリンク



雇用契約書の契約期間前にアルバイトを辞めたら告訴される?

告訴

契約期間満了前にアルバイトを辞めたら告訴される?

「雇用契約書にある契約期間満了前にアルバイトを辞めたら、アルバイト先の会社に告訴されてしまうのでは?損害賠償を請求されてしまうのでは?」と不安に感じてしまう若い方も少なくないみたいです。

まず、そのような不安を取り除くために、結論から申し上げると、「契約期間満了前にアルバイトを辞めても、会社から告訴されることも、損害賠償を請求されることもありませんので、心配は要りません。」社会人経験が少しでもあれば、そんな心配をする必要はないと思いますが、社会人経験がなく、アルバイトも初めての方だと、このような不安を持つのは当然だと思います。

では、なぜ、心配する必要がないのか?その理由について、分かりやすくご説明させていただきます。まず、法律的にも慣例的にも、アルバイトという不安定な雇用契約なので、いつでも辞めることができるし、引き止められるケースは少ないです。

「次のアルバイトが見つかるまで、できる範囲がいいから出勤してくれない?」と言われることはありますが、それに従う義務はありません。あとは、店長や社員との関係性を大切にしたいと思うか、どうでも良いとか考えるか、アピールの方次第だと思います。

もう1つの理由としては、契約期間満了前にアルバイトに辞められたからといって、告訴しても、120%会社側が負けてしまうので、裁判を起こす費用を損してしまうことが明白だからです。何度、告訴されても120%の確率で、アルバイトの方が負けることはないのです。

つまり、損害賠償も払わなくて良いということです。円満に辞めるためには、契約期間を守り、会社の希望する日まで勤務することが望ましいですが、すぐに辞めたいと思うなら、会社に気を使うことなく、いつでも辞めることができます。

これはアルバイトの特権とも言えるのです。アルバイトを辞めたいから、契約解除して欲しい旨をアルバイト先に伝えても、応じてくれない場合は、出勤しなければ良いだけの話です。出勤しなければ、雇用契約を解除しようが、しまいが、もはや関係ないのです。

出勤しないからといって、損賠を賠償して欲しいなんて絶対に言ってこないので、連絡もしなくて結構です。なぜなら、雇用契約を解除したい意志は伝えているのですから、辞める上で何も問題はないのです。


スポンサードリンク



辞めるギリギリまで辞める意志は伝えない方が良い理由

雇用契約書に書かれている契約期間満了前に辞めたいと思っても、次のアルバイトや仕事が見つかるまでは、辞める意志をアルバイト先に伝えない方がよいでしょう。なぜなら、近いうちに辞めることが伝わってしまえば、極端にシフトを減らされたり、勤務時間を減らされたり、最悪、イジメや嫌がらせを受けてしまうこともあるからです。

アルバイト先の店長や正社員からすれば、今まで面倒を見てやったのに、「恩を仇で返しやがって!」という憎しみを抱いてしまうかもしれません。しかし、すぐに解雇することもできないので、嫌がらせをされてしまうことが多いのです。

また、辞めていくことが確定しているアルバイトのシフトや勤務時間を削って、新しいアルバイトに仕事を教えた方が良いと考えるのです。それはそれで筋が通っているので、何も文句は言えませんが、シフトや勤務時間を減らされて、バイト代が減ると困るという方は、ギリギリまで辞める意志は伝えない方が良いでしょう。

雇用契約書には30日前までに辞める届け出をしなければいけない、とか、法律的にも2週間前までに辞める旨を伝えなければいけないとされていますが、それは建前の話で、実際には、即日で辞めることも可能です。だから、シフトや勤務時間を減らされたり、嫌がらせやイジメを受けないためにも、ギリギリまで辞めることを伝えない方が正解なのです。


スポンサードリンク



失業手当をもらいたいなら会社都合でアルバイトを辞めるのが一番です

自己都合でアルバイトを辞めると失業手当がもらえるまでに3ヶ月以上も待たないといけないですが、会社都合でアルバイトを辞めると、失業手当がすぐにもらえます。3ヶ月待たされるのと、すぐにもらえるのとでは、雲泥の差があるのです。確実に会社都合でアルバイトを辞めるためには、仕事や職場に対する辞めざるを得ない不満や問題を上司や社員に伝えましょう。

例えば、「職場で先輩や同僚と相性が合わず、精神的な負担が多くなり、心が不安定になっている・・・」「仕事内容で、肉体的にも精神的にも耐え難いことがある・・・」このような不満や問題を伝えるのです。

上司や正社員は、これに対して、改善する努力をしてくれる場合もありますが、その後も、「不満や問題が解消されないので、辞めさせていただきます。」と伝えるのです。このような理由があれば、引き止めることもできなくなり、会社都合でアルバイトを辞めることができるのです。

スポンサードリンク





フォーマット 書き方 アルバイト 注意点 印鑑