雇用契約書に会社の印鑑は必要?シャチハタは信用力ゼロ|雇用契約書が粗悪だとブラック企業の可能性が高い!?

雇用契約書に会社の印鑑は必要?シャチハタは信用力ゼロ|雇用契約書が粗悪だとブラック企業の可能性が高い!?

スポンサードリンク



雇用契約書に会社の印鑑は必要?シャチハタは信用力ゼロ

会社の印鑑

雇用契約書に会社の印鑑を押しておいた方が良い理由

会社の印鑑がない雇用契約書もありますが、会社の印鑑がないからといって、無効になるわけではありません。そもそも、雇用契約書に署名や押印がなくても雇用契約は成立するのです。もっと言えば、雇用契約書がなくても口約束でも契約は成立してしまうのです。

では、なぜ、雇用契約書を作成する会社が多いのでしょうか?それは、被雇用者を採用した後に、労働条件や待遇などで労使間の問題やトラブルが起きないように予防するためです。ほとんどの場合、このような問題やトラブルは起こりません。口約束とは異なる残業時間が増えたり、給料が下げられてしまっても、納得してくれる社員が多いからです。

しかし、中には、「これは雇用契約の時に言っていた話と違うのでは?労働基準監督署に報告させていただきます!」なんて脅しをかけてくる会社にとっては脅威的な存在の社員がいるのです。そのようや社員を雇用してしまい、余計なトラブルや損害賠償を避けるために、わざわざ雇用契約書を作成しているのです。

本来、雇用契約書に署名も押印も必要ないですが、このようなリスクを避けるために、被雇用者に了解を得て、署名と押印、また、会社の印鑑もしっかりと押すようにしている企業が多いのです。被雇用者の署名と押印に加えて、会社の印鑑まであれば、もし労使問題やトラブルが起きても、雇用契約書の署名や押印や会社の印鑑が裁判で企業側に有利な武器になってくれるのです。


スポンサードリンク



人事部担当者の印鑑だけで足りるのではないでしょうか?

会社によっては雇用契約書に人事部担当者や人事部部長の印鑑だけ押してあることもあります。確かに、会社の印鑑であることに変わりはないのですが、せっかく会社の印鑑を押すなら、会社の印鑑を押した方が、より契約書類としての信用度は高まるでしょう。

何のために雇用契約書に会社の印鑑を押しているのか?その目的を再認識することで、人事部担当者の印鑑よりも、会社の印鑑の方が良いと理解していただけるはずです。一事が万事と言いますが、このような細かいことを重要視して、慎重に会社の印鑑を押しておくことが、想定できないトラブルや労使問題を回避する防衛策となるのです。

人事部ではなく会社が雇用主、使用者になるから会社の印鑑が妥当

当然のことですが、社員を雇用するのは人事部でも社長でもなく、会社自体が雇用主、使用者となるので、そういった意味でも雇用契約書には会社の印鑑を押印するのが、最も妥当と言えるのです。会社という法人が雇用主、使用者になるのに、雇用契約書に人事部や社長の代表印だけが押印されているのはおかしいですよね?

やはり、●●株式会社に雇用されるのですから、●●株式会社の角印や丸印がないと契約的にはおかしいのです。


スポンサードリンク



代表印や会社の印鑑がシャチハタでは被雇用者から信用されないです

規模が小さい個人経営の会社だと、代表印や会社の印鑑までシャチハタというケースも少なくありません。しかし、もし自分が被雇用者だとしたら、雇用契約書にシャチハタの印鑑を押印してくる会社を信用することができるでしょうか?もしかしたら、そんな雇用契約書を見たら、応募者に辞退されてしまうかもしれません。

どんなに規模が小さくて個人事業で運営されている会社でも、人を雇うのですから、最低限、代表印や会社の印鑑は、しっかりとお金をかけて、見栄えが良いものを用意してください。雇用契約書にシャチハタの印鑑しかないなんて、すぐに会社がなくなってしまうかも・・・?という不安を抱いてしまいますよね?せっかく確保した人材を、雇用契約書の信用度が原因で、逃さないようにしましょう。

雇用契約書から見えてくる会社の本質

たかが雇用契約書、されど雇用契約書だと私は思います。なぜなら、入社する前に、雇用契約書を見れば、その会社の本質が見えてくるからです。例えば、雇用契約書のフォーマットもレイアウトも汚くて、手書きの汚い文字や、誤字脱字があり、署名も会社の印鑑もなく、コピーされたようなものなら、ちょっと怪しい・・・と感じてしまうと思います。

雇用契約書を用意してくれるだけ、ないところよりはマシという考え方もありますが、雇用契約書があっても、先述したような粗悪なものなら問題視した方が良いと思います。このような雇用契約書の書き方をするような会社は、かなり高い確率で労働条件もいい加減だからです。

最初に雇用契約書に書いてあった労働条件をまったく守らずに、被雇用者の了承も得ずに変更してしまうなんてケースも多々あるのです。つまり、雇用契約書が粗悪だとブラック企業の可能性が高くなるということですね。

ブラック企業に入社しないためにも、しっかりと雇用契約書をチェックして、丁寧に書かれているか?労働条件もおかしな部分や不利になる部分はないか?代表者の署名と押印、会社の印鑑が押されているか?これらのポイントをしっかりとチェックすることで、ブラック企業を避けることができるのです。

スポンサードリンク





フォーマット 書き方 アルバイト 注意点 印鑑