雇用契約書の目的とは?雇用契約書を書かない雇用者は要注意!トラブルを回避するためには?

雇用契約書の目的とは?雇用契約書を書かない雇用者は要注意!トラブルを回避するためには?

スポンサードリンク



雇用契約書の目的とは?

雇用契約書の目的とは?

そもそも雇用契約書は何のために書くのでしょうか?その一番の目的は、従業員を雇用した後に「話が違う!そんなこと聞いてない!」などのトラブルを未然に回避するためです。また、実際に裁判沙汰となるようなトラブルが雇用者と労働者の間で起こってしまった場合、雇用契約書があることで、トラブルが拗れないという利点もあるのです。

雇用契約書において、しっかりと賃金や手当、業務内容などを明示しておくことで、何よりも立場の弱い労働者が安心して仕事をすることができるのです。つまり、雇用者にとっても労働者にとっても、雇用契約書はあった方が良いということです。


スポンサードリンク



雇用者と労働者のトラブルは尽きません。

雇用者は優秀な労働者を確保したいという希望があります。労働者は、少しでも良い条件と良い職場環境で働きたいという希望があります。しかし、雇用者は優秀な労働者を少しでも安い賃金で働かせたいと思っているのです。他にも、雇用者と労働者の希望でぶつかり合ってしまう場面は多々あるのです。

だから、雇用契約を締結した後に、仕事が始まってから、いろいろなトラブルや問題が起こってしまうことがあるのです。雇用契約書に書かれている業務内容とは異なったり、賃金が少なかったり、残業や夜勤が多かったりすることで、労働者側の不満が高まってしまうケースが圧倒的に多いのです。

つまり、労働者の方が立場が弱くなってしまうことが多いのです。雇用者からすれば、文句があるなら労働者のかわりはいくらでもいるので、いつ解雇しても良いと強気に出られてしまうことが多いのです。

そのような場合でも、しっかりと最初に雇用契約書を書いておけば、労働者は泣き寝入りせずに済むのです。これとは逆のパターンもあります。労働者側に非がある場合です。労働条件どおりの仕事をお願いしているのに、何かとクレームをつけて、訴訟を起こしたりするトラブルメーカーのような労働者も存在するのです。

そのような場合でも、しっかりと雇用契約を交わしておけば、告訴されても負けることはないのです。要するに、雇用契約書を作成する目的は、将来起こりうる可能性のある、雇用者と労働者の間の様々なトラブルを回避するためということです。


スポンサードリンク



雇用契約書を書かない雇用者も意外に多い?

実際には、雇用契約書を書かない雇用者も多いです。雇用契約書を書かない理由は、「パートやアルバイトなどの非正規雇用の契約だから」「数日間の雇用契約だから」「零細企業だから」といったものです。

確かに、このような理由で、いちいち雇用契約書なんて書いてられない・・・そんな暇があるなら仕事をしたい・・・という気持ちはよく分かります。しかし、数日間の契約でも非正規雇用の契約でも規模が小さい零細企業でも、絶対に雇用契約書をしっかりと作成し、雇用者と労働者が同意し、了承した上で仕事を始めた方が良いのです。

そのような両者の同意や了承がないと、将来的に起こる可能性の高いトラブルを未然に回避することができなくなってしまうからです。法律的には、口約束でも雇用契約は成立させることができます。例えば、親子や親戚を労働者として雇用する場合は、いちいち雇用契約書なんて作成しなくても、信頼関係があるし、裏切る可能性も少ないので、口頭による雇用契約を取り交わすこともあります。しかし、それは家族や親戚だからです。

労働者が他人の場合は、口頭による契約ではリスクが高くなってしまうのです。口頭による約束や取り決めだけで、雇用契約を結んでしまうと、後で「言った、言わない、」のトラブルに発展してしまう危険性もあるのです。

雇用契約書をしっかりと作成せずに、口約束で雇用契約を結ぶことで、雇用者にとっても労働者にとっても不利益が生じてしまうのです。労働基準法でも、雇用契約を締結する上で賃金などの重要な事項は、口頭ではなく正式な書面で明示しなければいけないと定められているのです。口約束で雇用契約を結んでしまうということは、労働基準法にも違反するので、違法性のある契約となってしまうということです。

アルバイトやパートや短期契約の場合は雇用契約書が作られないことも多い?

労働者やアルバイトやパートや短期契約の場合、雇用契約書を作らない雇用者が非常に多いようです。アルバイトやパートは正社員と違って長期で働くわけでもないし、責任の重い仕事を任されるわけでもないので、それほど労働条件が気にならないのです。

だから、労働者側も、労働条件の詳細をしっかりと確認しないまま、口約束で契約を結んでしまうことが多いのです。雇用者側も、アルバイトやパートを労働者として軽視しているので、わざわざ雇用契約書を作らないケースも多々あるのです。

しかしながら、当然、いい加減な雇用契約を口頭で締結してしまえば、後にトラブルが起きてしまうのです。「募集要項や求人票に記載されていた時給と違う!勤務時間も違う!仕事内容も違う!」などというトラブルが起きてしまうのです。

雇用者側も少しでも多くの人材を確保したいから、募集要項や求人票には多少オーバーに良い条件を記載してしまうのです。しかし、実際の労働条件は募集要項や求人票に書かれている内容よりも悪くなることが多いのです。

この問題は誇大広告を出している雇用者にも責任があるし、そのことを契約時にしっかりと確認しなかった労働者にも責任があると言えるでしょう。アルバイトやパートや短時間労働者という非正規雇用の場合でも、しっかりと正式な雇用契約書を作成しておけば、面倒なトラブルを回避することができたのです。

労働者から告訴され損害賠償を請求されることもある?

特に雇用者は気を付けなければなりません。雇用契約書を作成せずに雇用契約を締結してしまうと、雇った労働者が告訴し損害賠償を請求されてしまう危険性もあるからです。口約束や口頭で取り交わした雇用契約だと、雇用者と労働者の認識がずれていて、雇用者に悪意はなくても労働者が「労働条件と違う!」と思えば、告訴されてしまうことがあるのです。

どちらかというと、裁判所は立場の弱い労働者を守る傾向が強いので、圧倒的に雇用者側が不利となってしまうのです。そのようなトラブルを避けるためにも、必ず、アルバイトでもパートでも短期労働者のような非正規社員の場合でも、雇用契約を締結するときは雇用契約書を作成しておきましょう。

スポンサードリンク





フォーマット 書き方 アルバイト 注意点 印鑑